2019年08月24日

D&D5e ウォーターディープ:狂える魔道士の迷宮(1)

 全23階層、5から最大の20レベル対応というダンジョンシナリオ。
 階層ごとの広さもかなりのもので、今回4〜5時間ほどのプレイで探索し終わったのは第1階層の半分ほどといったところです。

 やはり5レベルにもなるとキャラの特殊能力や呪文も派手になってきて面白いですね。
 あと、キャラ性能が旧版のように魔法のアイテムに依存していない作りにはなっていて、アイテムに身を固めるという感じではなくなっているのですが、それゆえか個々のアイテムは結構な性能に思えます。アンコモンでも反則じゃないかと思えるものがw
posted by 業 at 17:51| Comment(0) | D&D5e | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月22日

ゴブリンスレイヤーTRPG 2回目

 2回目もきちんと楽しめました(*´▽`*)

 今回は魔術師にしてみて、ルールを読んだときに「これチートじゃないの?」と思った『分身』の呪文を使って火球撃ちまくりをしてみたのですが、やっぱりこの呪文ずるいわw
 このゲーム攻撃呪文は強めですが、補助呪文は従来のTRPGと同じ(か、むしろ維持が必要なぶん弱い)感じなので相対的に使用回数のわりに貧弱で使いにくい印象。なのに分身だけは便利すぎて、使っていながら「これは修正しないとだめじゃないの?」と感じるほど。一番ダメなのは呪文の使用回数を分身が独自に保持しているところで、二番目はノーコストで一日持続するところしょうねえ。
posted by 業 at 18:12| Comment(0) | TRPG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月22日

ゴブリンスレイヤーTRPG をプレイしてみた

 新作の『ゴブリンスレイヤーTRPG』をプレイする機会にさっそく恵まれましたよ!
 GMをしてくださる方がいたためプレイヤーとして参加。自作の戦士&竜司祭の蜥蜴人にしてみました。

 システムはソードワールド(SW)を発展させたような感じで、もっと職縛りが強いのかなと思っていたのですが、自由に種族と職業を選べる遊びがあるように思えましたね。また、「技能」によって同じ職業でもバリエーションが出せますし、今回作ったキャラも成長を考えるのが楽しみです。
 呪文は古き良きRPGを彷彿とさせる、使える回数は少ないけど強力なタイプで、いかにも魔法な感じがして好みです。
 判定は2d6で行うためやはり修正1点の影響が大きく、そのせいで例えばSWだと格上との戦闘は地道で怠いといった問題が生じ得るのですが、本作は判定の結果を操作できる(可能性がある)「因果点」の存在により思いきった活躍ができて良いですね。

 一方で、判定にどのステータスを使用するのかが感覚的に分かりづらい、戦闘時の行動順の決定や移動妨害が手間な割に面白さに繋がっていない、など気になる所もちらほら見受けられます。
 あとルールブックにボリュームがあるのは嬉しいのですが、文庫サイズなのに巻末にサマリーやチャートがついておらずプレイ中の参照に手間取りました。

 それから、ルールブックは内容に比べてお得な価格だと思います。正直今から遊ぶならSW2.5を買うよりこちらをお勧めです。
 ただし、限定版はプレイを助けるツールとしての価値は無きに等しく、これを買うなら参加者全員分のルールブックを買うほうが低コストでスムーズにプレイが進行すると思います。なお、私は原作を漫画版しか読んでいないような人間なので、ファングッズとしての評価は致しかねます。
posted by 業 at 19:59| Comment(0) | TRPG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月15日

宮崎ボードゲーム会(2019/4/14)

◆ニューフロンティア
 傑作カードゲーム『レース・フォー・ザ・ギャラクシー(RftG)』をボードゲームに仕立て直した作品で、大元である『プエルトリコ』に回帰したようなゲームになっています。
 探索を実行した人の利点が増したり、交易のうまみが減った代わりにが全員実行できるようになっていたりと少し変化してはいますが、感覚はRftGのままで面白かったですね。(プエルトリコのような窮屈さもないですし)
 日本語版が出たらほしいかも。
 

◆ゲスクラブ
 連想ゲームかな?
 シンプルなルールで皆で盛り上がる作品です。

◆イーオンズエンド:レガシー
 今回は第4章をプレイ。
 終盤もうダメかなという諦め状態になったものの、なんとか持ち直して勝利できました!
 今のところ、デック構築型ゲームで一番面白いと思える作品ですね〜。
posted by 業 at 22:38| Comment(0) | ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月31日

宮崎ボードゲーム会(2019/3/24)

◆狩猟の時代
 ワーカープレイス。
 ルールはわかりやすく窮屈さもない、すっきりとした面白いゲームです。

◆イーオンズエンド:レガシー
 協力型デック構築カードゲーム「イーオンズエンド」のレガシー版。
 ストーリーは見習い魔術師の成長物語で、面白さのあまり勢いで第3章まで一気に進めてしまいました(*´▽`*)
 まあ、成績は1、2章は勝利したものの3章は2連敗でしたけど!

 ここまでは徐々にルールや特殊能力が増えていく感じで、ゲームが進むごとに成長していくのが楽しいですね。
 あと、成長するのは自分たちだけでなく敵も進化してより手強くなるのですが、実際に進化するまでどう強くなるのか分からないのも、スリリングで面白いです。今回も、そこまで脅威ではないせいで放置してしまった結果、駆け足で進化した敵がいるのですが、まだ進化の余地が残っているので今後が恐ろしいですなw
posted by 業 at 22:12| Comment(0) | ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする