2018年02月14日

宮崎ボードゲーム会(2018/2/11)

◆スパイネット
 カードゲーム。
 手札補充のルールなどシステム的には興味深いものの、繰り返し遊ぶほど面白いかといわれると微妙なゲーム。

◆フィールド・オブ・グリーン
 カードドラフトで手に入れた畑や施設を建てて自分の農場を作っていきます。
 資源はお金と食料、水の3種とシンプルながら、ルールどおりにプレイするだけで個性的な農場が出来上がっていくのは楽しいですね(*´▽`*)
 ただし、個別に箱庭を作るゲームなので、あまりドラフトである必要性を感じないです。

◆イニシュ
 こちらはドラフトでアクションカードを獲得してエリア支配を競う作品で、ドラフトが悩ましくて面白いです。
 面白いのですが、勝利条件を誰が満たしているのかが一目瞭然なため、どうしても勝利までの道筋が詰将棋的になるので人を選びそうな作品ではあります。
posted by 業 at 00:00| Comment(0) | ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする