2018年03月04日

宮崎ボードゲーム会(2018/2/25)

◆モンコレ・デックビルディング エレメンタル・ストーム
 グループSNEのボドゲといえば題材に思い入れがないと楽しめないものが多い印象ですが、この作品はすっきりとまとまったカードゲームになっています。
 個人的には、ボス戦で戦いに用いたクリーチャーが必ず死亡するルールがお気に入り。このために死亡を前提に考えて召喚する必要がありますし、デック圧縮という手間が不要なのでダレませんね。

 残念なのは、召喚クリーチャーの特殊能力がかなり少なくて個性がないことと、六門世界の召喚士らしさはまるで感じないところでしょうかw
 あとデック構築というよりはリソース管理ゲームぽい。

◆おお勇者よ、ヒノキの棒とは何事だ
 ヒノキの棒しか持ってない勇者に装備を作ってあげようというゲーム。
 テーマは面白いのですが、内容は一昔前のワカプレを彷彿とさせる窮屈なバッティング&ワーカープレイスでしたねえ。
 装備も単に得点が異なるだけでなくゲームが盛り上がる派手な特殊能力が欲しかった。
posted by 業 at 00:10| Comment(0) | ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする