2018年05月23日

D&D5e キャリオンクロウラー怖い(; ゚Д゚)

 TRPG部にて、プレイヤーとして参加。

PC(レベル3)
ハーフオーク・バーバリアン(狂戦士の道)
ヒューマン・クレリック(光の領域)
ヒューマン・ウォーロック(契約・フィーンド)
ヒューマン・パラディン(復讐の誓い)

 レベルが上がってくるのに従って、敵の特殊能力がどんどん厳しくなってきますねw
 状態異常はどれも食らうとやばいので対策等をしておきたいところなのですが・・・。
posted by 業 at 21:56| Comment(0) | D&D5e | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月18日

D&D5e ファンデルヴァーの失われた鉱山(7)

 長らく放置していた「赤印組」の隠れ家に向かうことに。
 どのクエストからでも挑戦できるという構造上仕方がないのですが、レベル3になったPCたちにとってはもはや脅威にならない感じでしたねw

 あとずっと気になっていたのですが、赤印組という名称もそうですし、獅子盾商会など名詞を無理やり日本語訳しなくてもいいと思うんですけどねえ。
posted by 業 at 00:00| Comment(0) | D&D5e | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月15日

宮崎ボードゲーム会(2018/5/13)

◆AEONS END
 デック構築型の協力ゲーム。
 まず特徴的なのはデックをシャッフルしないという点で、山札が尽きたときは表向きに捨て札にしていた束をそのままひっくり返して新たな山札にします。このルールにより、ある程度計画的にデックを回すことが可能になっていて面白いですね。
 面白かったので2回連続で遊ばせてもらったのですが、倒すべきボスたちも個性的で手強く、味方を支援するカードなどを駆使して協力し合わないと勝利できないスリルがたまりません(*´▽`*)

◆クランズ・オブ・カレドニア
 農地拡大とエリア支配のゲーム。
 得点の取り方が豊富に用意されているため、好きなようにやっていけば点が伸びるので楽しいです。
 何をするにもお金がかかる世知辛いゲームでもありますw
posted by 業 at 21:56| Comment(0) | ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月04日

【PS4】ドラゴンズクラウン・プロ を買ってしまいました・・・

 名作ベルトスクロール・アクションRPGのPS4版。
 VITA版にて全職で古龍退治を果たしていたこともあり、ひとまず満足していたため買う予定はなかったんですが、おまけでデジタル・ゲームブックがダウンロードできるということを聞きつけて、つい買ってしまいました(;´Д`)
 開発陣はベルトスクロールにハマった世代のことをよくわかってますなあw
posted by 業 at 22:58| Comment(0) | コンシューマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする