2015年05月13日

宮崎ボードゲーム会(5/10)プレイ日記

◇ロール・フォー・ザ・ギャラクシー
 傑作カードゲーム『レース・フォー・ザ・ギャラクシー』をダイスゲームにした作品。
 資金の概念ができて「交易」のそれらしさが増したり、「探査」の重要度が上がったりといった変更もありますが、面白さはそのまま!
 また、生産と消費の関係がわかりやすくなり、『レース〜』より初心者に勧めやすくなりましたw

◇ウィッチャー
 海外では有名な同名のコンピュータRPGを元にしたボードゲーム。
 世界を巡りながらイベントに遭遇したりやクエストを実行していく、という概要だけ聞くといかにもRPGぽいのですが、内容はいまいちでした。
 まず、ボード上には拠点として様々な地名が示されているのですが、個々の拠点にゲーム的な違いがなく、任務で向かうよう指示される以外はどこにいても一緒で、ちっとも旅をしているという気がしません。
 あと、ほとんど他者と絡む余地がないのはボードゲームとしてどうなんだろう。

◇原始人の晩餐
 他者とバッティングしないようにカードをプレイして獲物を獲得していきます。
 獲物カードはもちろん得点でもあるのですが食料でもあるため、ラウンドの終わりに消費されたり、特殊能力を持った人物を獲得するのに消費する必要があるのですが、消費してしまうと得点もなくなってしまうので、どれを捨てるか悩ましくて面白いです。
posted by 業 at 22:55| Comment(0) | ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]