2018年05月15日

宮崎ボードゲーム会(2018/5/13)

◆AEONS END
 デック構築型の協力ゲーム。
 まず特徴的なのはデックをシャッフルしないという点で、山札が尽きたときは表向きに捨て札にしていた束をそのままひっくり返して新たな山札にします。このルールにより、ある程度計画的にデックを回すことが可能になっていて面白いですね。
 面白かったので2回連続で遊ばせてもらったのですが、倒すべきボスたちも個性的で手強く、味方を支援するカードなどを駆使して協力し合わないと勝利できないスリルがたまりません(*´▽`*)

◆クランズ・オブ・カレドニア
 農地拡大とエリア支配のゲーム。
 得点の取り方が豊富に用意されているため、好きなようにやっていけば点が伸びるので楽しいです。
 何をするにもお金がかかる世知辛いゲームでもありますw
posted by 業 at 21:56| Comment(0) | ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]