2018年06月16日

宮崎ボードゲーム会(2018/6/10)

◆ソード&ソーサリー
 タイトルどおりの『ディセント』風協力型アドベンチャーゲーム。
 この手の作品はバランスを気にしてか戦力が拮抗していて戦闘がダルいものが多いのですが、このゲームは英雄が最初からある程度強くてサクサク敵を倒していけるので面白いですね。
 プレイ中にレベルアップできる成長ルールや、雑魚敵も複数の特殊能力をもっていて多彩だったりして、個人的には日本語版が出たらほしいなと思えるほど好み。
 今回はルールを確認しながらのプレイだったため結構時間がかかりましたけど、理解できればもっと遊びやすくなりそう。

◆東京サイドキック
 ヒーローとなって次々と東京にやってくる悪を退治する協力型ゲーム。
 基本構造は『パンデミック』のような感じながら、ヒーローや悪党たちの能力が個性的ですし、こちらもプレイ中に成長できるのが悩まくも楽しいです。
posted by 業 at 23:20| Comment(0) | ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]