2019年01月19日

宮崎ボードゲーム会(2019/1/13)

◆カスタムヒーローズ
 基本的なルールは『大富豪』なものの、ゲーム中にカードが強化されたり特殊効果が追加されたりしてプレイに変化が現れるので面白いです。
 しかも、誰かが一定の点数をとるまで繰り返されるのですが、ゲームのたびにカードは強化されたまま全回収&再配布されるので、自分が強化したカードが次他の誰かに使われる可能性もあってスリリングですね。

◆MAUW
 独特なルールのカードゲーム。
 さらに、ガンガン攻撃しあうので人を選びそうな作品ですw

◆トリックと怪人
 こちらは遊びやすい犯人当てゲーム。
 ある程度推測する必要はありますが完全に絞り込むことはできないので、がっつり推理を楽しむというよりはみんなで気軽に楽しむ作品でしょうか。

◆GANYMEDE
 地球からガニメデへ求められた人材を移住させて得点を競います。
 少々独特な部分もありますが、すっきりと分かりやすいルールで面白いゲームです。

◆TYRANTS OF THE UNDERDARK
 気になっていたD&D題材の作品で、デック構築&エリア支配のゲーム。
 ドミニオンに代表されるデック構築型ゲームの多くではどうしても土地の支配が簡略化されすぎていてグッと来ないのですが、やはり実際にボード上で自勢力が広がっていくのは面白いです。
 デックの圧縮も得点に繋がるのはいいですね(*´▽`*)

◆WARHAMMER QUEST BLACKSTONE FORTRESS
 以前にプレイさせてもらったダンジョン探索ゲーム『ウォーハンマー・クエスト』の40k版で、やはり大量のミニチュアがついておりますw
 探索時の動かし方などはそれほど変わっていないのですが、以前はざっくりとしていた探索の合間などのルールがしっかりゲームとして整備された印象です。
 戦闘とそれ以外の遭遇が同数だけランダムで展開されるのはTRPGぽくて個人的に好み。
posted by 業 at 16:28| Comment(0) | ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]