2014年09月26日

シャドウラン プレイ日記

 すぐさま2回目のプレイをすることができましたよ!

 ひとまず新呪文の修得はおあずけ。
 精霊束縛用の素材は、入手に最低でも2日かかり、すぐに手に入らないことに気づいたため、タリスモンガー(魔法の道具屋)に注文することにしました。

 フォース(精霊の力)5の精霊用素材はなんと2500新円(約25万円)!
 しかも、消耗品w

 それだけ費用をかけたうえ、エッジ(ヒーローポイント)を使って召喚をしたのに、得られた助力の数は2回というひどいありさまに(´;ω;`)ウッ…
 マイキャラは、呪文行使の技能はレーティング6(一流)なのですが、召喚は3(普通)なんですよねえ。

 さて、今回の依頼はバイオドローンの犬を奪取するというもので、犬種はチワワw
 研究所の人間関係につけこんで情報収集をしたりして突入計画を立てたのですが、てっきりバイオウェアでガチガチにチューンしたバイオドローンと戦わされると邪推していたんですけどね〜。
 違うドローンが待ち構えていました(*´∀`)

 なんだかんだで今回も、不幸なNPC(笑)を出しつつ無事にミッション終了。
 イニシエーション(秘儀参入)に必要なカルマが貯まりましたよ!
posted by 業 at 23:22| Comment(0) | シャドウラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月14日

シャドウラン 初プレイヤー参加(*´∀`)

 先日の卓上文化交流会にて、初めてプレイヤーとしてシャドウランをプレイすることが出来ました。
 GMを務めてくれたkumatanさんに感謝!

 PCは以下の4名
・トロールのフィジカルアデプト
・オークのサムライ(でも得意武器は棒杖w)
・ヒューマンのリガー
・ヒューマンのメイジ(マイキャラ)

 今回は、某企業の代理人であるミス・ジェーン(もちろん偽名)からの依頼で、他企業の倉庫からデータを奪取するというラン(仕事)に挑みました。

 普通のTRPG、特に剣と魔法のファンタジーだと「依頼を受けた後はダンジョンに直行」というパターンが多いのですが、シャドウランでそんなことをするのは死活問題w
 シャドウランでランナーが向かうのは、未踏の遺跡などではなく、人がいる施設。
 事前に施設の構造や警備状況などを調査することができるのです。

 さて、今回ももちろん全員でコンタクト(コネ)やマトリクス(ネット)を利用して情報収集。
 私のキャラは、アストラル投射(幽体離脱のような感じ)や千里眼の呪文も使って情報を集めます。

 情報をある程度集めた時点で突入計画をたてるのですが、オーク娘によるハニートラップ(笑)など紆余曲折しつつも、最終的にマイキャラが完全透明化の呪文と大気の精霊のパワーで戦士2人を隠して就業時間中に潜入し、最後に倉庫の所長が一人になったところで警備用ドローン(無人機)を起動される前に殴って気絶をさせて目的のデータチップを盗む、という計画になりました。
 結果、目的は無事に達成したものの、オーク娘の一撃がかなりいいところに当たって一般人の所長を瀕死の状態にしてしまうというハプニングもw

 シャドウランはこれまでに触れたTRPGでもトップクラスの魅力を持つTRPGなのですが、プレイヤーをする機会に恵まれずにいました。
 GMさんがきちんとルールを把握している方でどのような行動にも対処してくれるため、進入計画を立てるのがすごく面白かったです(*´▽`*)

 今後もセッションが行われそうなので、今回得たカルマ(経験点)やお金をどう使おうか悩んでおります。

 カルマについては、イニシエーションのためにとっておくか、呪文のレパートリーを増やすか。
 お金は、収束具(魔法の道具)を増やすためにとっておくか、精霊を束縛するための素材を買うか。
 プレイしてみて、精霊のパワーが思ったよりも使えることがわかったので、束縛した精霊を持っておきたくなったんですよね〜。
 う〜ん、悩ましい!(;´∀`)
posted by 業 at 00:18| Comment(2) | シャドウラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月06日

シャドウラン ルールブック読み直し中!

 近々プレイヤーとして参加できそうなので、ルールを読みなおしてます。
 マイキャラは自作の魔法使いにする予定(*´ω`*)
posted by 業 at 18:27| Comment(2) | シャドウラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月09日

シャドウランでゲーム性の高いシナリオを考える

 ここのところ立て続けにオリジナルなゲーム的シナリオを体験させてもらい触発されました!

 とはいえ、D&Dや六門、ゲヘナのような戦闘中心でレベルアップによりゴリゴリ強くなるゲーム(そういうのも好きなんですけどね)だと、ランダム・ダンジョン以上のものを作るのは難しいので、ひとまずはシャドウランを使いたいと考えております。

 目標は、「いまからやりますか?」と気軽に何度も遊べることと、兼任GMでよいのでPCを作って参加できること。
 ・・・特に2つめは、そうでもしないとシャドウランでプレイヤーをする機会は当分なさそうだからなあw

 いちおう、資金を稼ぐための「仕事」としてのミッションと、シナリオ全体の主目的となるミッションを設定して、PCの選択で進めていけるようにする予定です。
 もちろん、「敵」となる相手も少しずつ計画を進めていくので、のんびり仕事ばかりしていると、装備は充実してもシナリオに失敗してしまうことになる、といった感じ。
posted by 業 at 23:42| Comment(0) | シャドウラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月13日

シャドウラン GM日記

 先日の『宮崎ボードゲーム会』において、シャドウラン(2版)のGMをやらせていただきました。

 ルールを説明しながらのプレイだったので思いのほか時間をとられてしまったのですが、PC2名とも重傷になってしまったこともあり、キリのいいところで終了としました。
(シャドウランは“治癒魔法”に制限があるのでダメージの回復には時間がかかるのです)

 やってみて、やはり2版は戦闘ルールがわかりづらかったようです。
 というのも、ダメージからして「7M」というように数字とアルファベットで表記されていたりと独特なんですよねw

 個人的には現在日本語訳がでている4版よりも、昔日本語訳がでていた2版のほうが好みだったりするのと、せっかく“第六世界”の始まりである2012年ということでプレイしてみました。
 参加いただいたプレイヤーの皆さんに感謝です。
posted by 業 at 22:28| Comment(0) | シャドウラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする