2019年08月24日

D&D5e ウォーターディープ:狂える魔道士の迷宮(1)

 全23階層、5から最大の20レベル対応というダンジョンシナリオ。
 階層ごとの広さもかなりのもので、今回4〜5時間ほどのプレイで探索し終わったのは第1階層の半分ほどといったところです。

 やはり5レベルにもなるとキャラの特殊能力や呪文も派手になってきて面白いですね。
 あと、キャラ性能が旧版のように魔法のアイテムに依存していない作りにはなっていて、アイテムに身を固めるという感じではなくなっているのですが、それゆえか個々のアイテムは結構な性能に思えます。アンコモンでも反則じゃないかと思えるものがw
posted by 業 at 17:51| Comment(0) | D&D5e | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月23日

D&D5e キャリオンクロウラー怖い(; ゚Д゚)

 TRPG部にて、プレイヤーとして参加。

PC(レベル3)
ハーフオーク・バーバリアン(狂戦士の道)
ヒューマン・クレリック(光の領域)
ヒューマン・ウォーロック(契約・フィーンド)
ヒューマン・パラディン(復讐の誓い)

 レベルが上がってくるのに従って、敵の特殊能力がどんどん厳しくなってきますねw
 状態異常はどれも食らうとやばいので対策等をしておきたいところなのですが・・・。
posted by 業 at 21:56| Comment(0) | D&D5e | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月18日

D&D5e ファンデルヴァーの失われた鉱山(7)

 長らく放置していた「赤印組」の隠れ家に向かうことに。
 どのクエストからでも挑戦できるという構造上仕方がないのですが、レベル3になったPCたちにとってはもはや脅威にならない感じでしたねw

 あとずっと気になっていたのですが、赤印組という名称もそうですし、獅子盾商会など名詞を無理やり日本語訳しなくてもいいと思うんですけどねえ。
posted by 業 at 00:00| Comment(0) | D&D5e | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月19日

D&D5e プレイヤーとして参加!

 先日のTRPG部にて、プレイヤーとしてD&D5eのセッションに参加することができました。GMさんに感謝!
 今回のキャラはレベル3、2時間ほどで終わるシナリオ2つをテンポよくプレイできて楽しかったです。

PC(レベル3)
ハーフオーク・バーバリアン(狂戦士の道)
ヒューマン・クレリック(光の領域)
ヒューマン・ウォーロック(契約・フィーンド)
ヒューマン・パラディン(復讐の誓い)

 ランダムで財宝を決定したらしいのですが、なんとウォーロック用のロッドが手に入りました(∩´∀`)∩
 あと、呪われた武器も手に入ったので、呪いを解ける相手に会いに行きたいところですね。
posted by 業 at 22:27| Comment(0) | D&D5e | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月11日

D&D5e ファンデルヴァーの失われた鉱山(6)

 前回の遭遇でPCたちもレベル3になりました。

PC(レベル3)
ヒューマン・バード(勇の楽派)
ヒューマン・ファイター(チャンピオン)
ヒューマン・モンク(門派・開手門)
ドワーフ・ウィザード(学派・占術)

 レベル3になるとすべてのクラスがタイプを選択することになるため、クラスごとの個性が増してきますね。
 そしてドラゴンに挑戦。ブレス一発でファイターが死にかける事態に陥るも、辛うじて撃退に成功しました(*´▽`*)
 わかっていたことですが、占術ウィザードとチャンピオンの相性は抜群ですなw
posted by 業 at 23:11| Comment(0) | D&D5e | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする