2017年11月19日

宮崎ボードゲーム会(11/12)プレイ日記

◆国防軍の夜
 ドイツ軍将校となって他人と協力して戦いを乗り越えつつ自身の功績を稼いで勝利を目指します。
 ルールは難しくないのですが、抜きん出るための部隊編成が悩ましくて面白い作品ですね。

◆TORTUGA
 正体隠匿系ながら、ばれてからが本番といえるゲーム。
 ルールも簡単なので皆で盛り上がれます。

◆agra
 ワーカープレイス。
 なのですが、同じアクションを自身で繰り返すにはコストがかかるので、普通と異なりある程度他人と被るほうが手が進みやすいというのが変わっていて面白いです。
 ただいろいろな要素が絡み合っているため、ゲームがつかみにくく感じましたねえ。
posted by 業 at 00:13| Comment(0) | ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月29日

宮崎ボードゲーム会(10/22)プレイ日記

◆ホットショット
 消防隊の一員として山火事に挑む協力型ゲーム。
 手番で行うのは「移動してダイスを振り消火活動をするだけ」とわかりやすいため、同系統の『パンデミック』や『フラッシュポイント』に比べて遊びやすいです。
 プレイ時間も短いのでつかみにちょうどいい感じ。

◆サイドリアル・コンフルエンス
 宇宙を舞台に様々な種族が新たな文明を作り上げることを目指す交渉ゲーム。
 いちおう貢献度を競うのですが、共同で作り上げるという建前により誰かが開発したテクノロジーは次のラウンドには全員に公開されるため、目当ての技術を研究中の相手にあえて支援をするといったこともあって、かなり交渉が悩ましくて面白いですね(*´▽`*)
 その交渉も最後までする必要がありますし、得点以外はすべて交渉材料にしても良いが約束を反故にするのはだめというのがすばらしい。交渉ゲームでルール無用だと、目的が交渉から騙すことにぶれてグダグダになるので嫌いなんですよねえ。
 また各種族の能力も、それぞれが追加ルールといえるほど個性的でめちゃくちゃ(誉め言葉)なので、ひとまず全ての種族で遊んでみたいと思える良作です。
posted by 業 at 12:55| Comment(0) | ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月30日

宮崎ボードゲーム会(9/24)プレイ日記

◆ルーンバウンド第3版
 実際にプレイすると面白いんだけど、やっぱりとっ散らかってるゲームだなあ。

◆パカルのロケット
 宇宙船でエネルギーを運んでピラミッドを建てていくだけというシンプルなつくりなのですが、悩ましくて面白いゲームですね!

◆ハワイ
 この作品もそうですが、南の島を題材にしたゲームは題材のイメージに反してカツカツなのが多いですなw
posted by 業 at 19:19| Comment(0) | ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月16日

宮崎ボードゲーム会(9/10)プレイ日記

◆EXIT
 タイトルどおりの脱出ゲーム。
 気になっていた作品なのですが、ようやくタイミングが合いましたw
 やはり、みんなでワイワイ話し合いながら謎を解いていくのは、シンプルに面白いですね!

◆オートモービルス
 今回は、ドライバーの能力とスポンサーのルールを追加して遊ばせてもらいました。
 スポンサーの支援を受けながら3つのコースで競い合うのですが、前回よりもさらに楽しめましたね。
 レースゲームにしてはサクッとプレイできるので、3コース分レースをしてもだるくならないのが良い。
 それでいて、しっかりと抜きつ抜かれつの展開が楽しめる良作です。
 プレイ後に欲しくなったのは久しぶり(*´▽`*)

◆センチュリー:スパイスロード
 何度プレイしても良いゲーム。
 ボードゲームに不慣れな方でも、すぐに内容を呑み込めて楽しんでもらえたようです。

◆ラミーキューブ
 外野としてみていると自分の頭脳が優秀なように思えるのに、いざ卓につくと視野が狭くなって仕方がありませんなw
posted by 業 at 21:46| Comment(0) | ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

宮崎ボードゲーム会(8/13)プレイ日記

◆センチュリー:スパイスロード
 何度遊んでも、短時間でさっくり遊べるのにしっかり悩ませてくれる良ゲームです。

◆アグリコラ:ファミリーエディション
 こちらも遊びやすくて面白いです。
 どうしても畜産メインで畑をおろそかにしてしまいますねw

◆ブラーノ
 手番で行うアクションは3つのうち1つを1〜4回(かけた資金による)実行するだけとシンプルなのですが、各要素が絡み合っているためついつい長考してしまうほど悩ましいゲームです。
posted by 業 at 19:14| Comment(0) | ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする