2017年09月16日

宮崎ボードゲーム会(9/10)プレイ日記

◆EXIT
 タイトルどおりの脱出ゲーム。
 気になっていた作品なのですが、ようやくタイミングが合いましたw
 やはり、みんなでワイワイ話し合いながら謎を解いていくのは、シンプルに面白いですね!

◆オートモービルス
 今回は、ドライバーの能力とスポンサーのルールを追加して遊ばせてもらいました。
 スポンサーの支援を受けながら3つのコースで競い合うのですが、前回よりもさらに楽しめましたね。
 レースゲームにしてはサクッとプレイできるので、3コース分レースをしてもだるくならないのが良い。
 それでいて、しっかりと抜きつ抜かれつの展開が楽しめる良作です。
 プレイ後に欲しくなったのは久しぶり(*´▽`*)

◆センチュリー:スパイスロード
 何度プレイしても良いゲーム。
 ボードゲームに不慣れな方でも、すぐに内容を呑み込めて楽しんでもらえたようです。

◆ラミーキューブ
 外野としてみていると自分の頭脳が優秀なように思えるのに、いざ卓につくと視野が狭くなって仕方がありませんなw
posted by 業 at 21:46| Comment(0) | ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

宮崎ボードゲーム会(8/13)プレイ日記

◆センチュリー:スパイスロード
 何度遊んでも、短時間でさっくり遊べるのにしっかり悩ませてくれる良ゲームです。

◆アグリコラ:ファミリーエディション
 こちらも遊びやすくて面白いです。
 どうしても畜産メインで畑をおろそかにしてしまいますねw

◆ブラーノ
 手番で行うアクションは3つのうち1つを1〜4回(かけた資金による)実行するだけとシンプルなのですが、各要素が絡み合っているためついつい長考してしまうほど悩ましいゲームです。
posted by 業 at 19:14| Comment(0) | ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月15日

宮崎ボードゲーム会(7/9)プレイ日記

◆ミレニアムブレード
 トレーディング・カードゲームのトーナメント戦をモチーフにしたカードゲームという変な作品w
 そのため、戦うだけでなくカードパックを購入したり、デックを組んだりというところもゲームとして組み込まれてます。
 はじめはカードの売買やデック構築部分がリアルタイムだと聞いて乗り気ではなかったのですが、実際にプレイしてみると、長々とデックを考えることもなくサクサク進み、いいカードを引いても思わぬミスで活かせなかったりと、だからこそ面白さにつながっていると感じました。

◆オートモービル
 色とりどりの木製キューブを用いたデック構築型レースゲームで、ルールはすっきりとしているのにレースの駆け引きもしっかりと感じ取れる作品です。
 今回とは異なる効果の組み合わせも試してみたいですね!

◆パパ・パオロ
 ピザ職人パオロさんの跡を継ぐべく弟子たちが競い合うというゲーム。
 ワーカープレイスや競りなど様々な要素がつまった作品で、ピザは顧客を開拓して焼いて届けることではじめて得点となるため結構大変ですw
posted by 業 at 23:34| Comment(0) | ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月01日

宮崎ボードゲーム会(6/25)プレイ日記

◆クランク
 デック構築型探索ゲーム。
 物音を立てるとドラゴンの注意を引いてダメージにつながる、という仕組みが面白いです。
 今回はトップで帰還を果たしたものの、あまり得点を稼げずに勝利を逃してしまいました。

◆センチュリー:スパイスロード
 カードをプレイして香辛料を交換、客の需要に合わせて出荷し得点するだけのシンプルな内容ですが、悩ましくて面白い作品です。

◆アーカムホラー・カードゲーム
 珍しい協力型のデック構築ゲーム。
 ルールを読んだ時点で「トークンを引いて判定」するのが気に入らずいまいちやる気がでなかったのですが、プレイしてみると面白かったのでようやくデックを組む気になれましたよw

◆ダイスフォージ
 ダイスの面を入れ替えて強化するというギミックが強烈なインパクトを与えてくれるゲームw
 一方でゲーム内容そのものはいたって普通の作品だなあと思っていたのですが、実際にプレイしてみると意外に楽しかったですね。
posted by 業 at 15:56| Comment(0) | ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月13日

宮崎ボードゲーム会(6/11)プレイ日記

◆エルドラド
 デック構築型レースゲーム。
 いちおうエルドラドを目指す探検家らしいのですが、テーマらしさはまるで感じませんw
 しかし、コースの地形に適していると思われるカードを組み込んでいくのがシンプルに面白いです。

◆ワトソン&ホームズ
 推理ゲーム。
 この手の作品でよくあるパズルゲームかと思えば、本当にミステリー小説のような文章を読んでメモをとりながら推理していくという内容で驚きました。
 中盤くらいまでまったく犯人を絞れず焦りまくりながらプレイしていたのですが、それもまた楽しかったっす(*´▽`*)
 今回はシナリオ1を遊ばせてもらいましたけど、回答のうち侵入計画に反して「盗難品を持ち出した方法」が雑すぎて納得いかないですなw

◆グレート・ウェスタン・トレイル
 デック構築やらロンデルやらいろいろ混ぜ合わせてまとめ上げた快作。
 持ち主さんもインストが難しいと言われていたように、たしかにやれることが多いので最初はどこから手を付けていいのかわかりませんでしたが、実際に始めてみるとすっきりしていてプレイしやすく、なのにあれもこれもしたいと悩ましくて面白いゲームです。

◆ローマの執政官
 地味なコンポーネントに地味なルールながら、執政官と市民の立場によって異なってくるアクション選択の駆け引きとジレンマがたまらない作品です。
posted by 業 at 22:18| Comment(0) | ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする