2019年02月17日

宮崎ボードゲーム会(2019/2/10)

◆ゴッドファーザー
 タイトルから想像できるとおり、マフィアのファミリーを率いて街で縄張り争いをするゲーム。
 もちろん、直接殴り合いをするゲームなので盛んにドンパチやりあうのですが、その結果街中に立っているコマより川に浮いているコマが多いという風景になりますw
 ワーカープレイスとエリア支配が連動しているため、エリア支配的にはこの位置だけどアクション的にはいまいち美味しくない、といったジレンマがあったりして悩ましくも面白い作品ですね。

◆ミニミニ世界大戦
 こちらもタイトルどおりのゲーム。
 ルールもすっきりしていて面白いんですけど、ボードがモノポリーみたいで「〇〇国に侵攻する」というイメージが湧き難いですねえ。
 やはり、この手のゲームをするなら盤面は世界地図のほうがいいかな。
posted by 業 at 02:30| Comment(0) | ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月02日

宮崎ボードゲーム会(2019/1/27)

◆エムブリオマシン ボードゲーム
 元々TRPGとして登場した同名作品をリニューアルしたゲーム。
 ルールを読んだ時点でなかなかよさそうだなと思っていましたけど、実際にプレイしてみて互いに武装を破壊されながら撃ち合うのがおもしろかったですね。
 なにより、メカデザインがダサかったTRPG版より圧倒的にカッコよくなっていてプレイに張りが出ますw

◆Fuji
 富士山の噴火から脱出を目指す協力ゲーム?
 ルールの仕組みはスリリングで盛り上がったのですが、全員が脱出しないと負けなのに直接の相談は不可のため、協力というより他人の邪魔をしないように辛抱するゲームといった印象。
 協力ゲームを求めて購入するとコレジャナイ感を受けるかもしれません。

◆リフトオフ
 ロケットを開発して宇宙開発プロジェクトへの貢献度を競います。
 悪くないゲームなのに、ボードが地味なのと、先にプレイしたFujiのインパクトで印象が薄い感じw
posted by 業 at 21:17| Comment(0) | ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月19日

宮崎ボードゲーム会(2019/1/13)

◆カスタムヒーローズ
 基本的なルールは『大富豪』なものの、ゲーム中にカードが強化されたり特殊効果が追加されたりしてプレイに変化が現れるので面白いです。
 しかも、誰かが一定の点数をとるまで繰り返されるのですが、ゲームのたびにカードは強化されたまま全回収&再配布されるので、自分が強化したカードが次他の誰かに使われる可能性もあってスリリングですね。

◆MAUW
 独特なルールのカードゲーム。
 さらに、ガンガン攻撃しあうので人を選びそうな作品ですw

◆トリックと怪人
 こちらは遊びやすい犯人当てゲーム。
 ある程度推測する必要はありますが完全に絞り込むことはできないので、がっつり推理を楽しむというよりはみんなで気軽に楽しむ作品でしょうか。

◆GANYMEDE
 地球からガニメデへ求められた人材を移住させて得点を競います。
 少々独特な部分もありますが、すっきりと分かりやすいルールで面白いゲームです。

◆TYRANTS OF THE UNDERDARK
 気になっていたD&D題材の作品で、デック構築&エリア支配のゲーム。
 ドミニオンに代表されるデック構築型ゲームの多くではどうしても土地の支配が簡略化されすぎていてグッと来ないのですが、やはり実際にボード上で自勢力が広がっていくのは面白いです。
 デックの圧縮も得点に繋がるのはいいですね(*´▽`*)

◆WARHAMMER QUEST BLACKSTONE FORTRESS
 以前にプレイさせてもらったダンジョン探索ゲーム『ウォーハンマー・クエスト』の40k版で、やはり大量のミニチュアがついておりますw
 探索時の動かし方などはそれほど変わっていないのですが、以前はざっくりとしていた探索の合間などのルールがしっかりゲームとして整備された印象です。
 戦闘とそれ以外の遭遇が同数だけランダムで展開されるのはTRPGぽくて個人的に好み。
posted by 業 at 16:28| Comment(0) | ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月31日

宮崎ボードゲーム会(2018/12/23)

◆パンデミック:ローマの落日
 ローマに迫ってくる蛮族を倒すなり同盟を結ぶなりして排除していくパンデミック亜種。
 兵士を伴っていないと戦えない(蛮族を排除できない)ところなどはそれっぽくていいですね。

◆WILD LANDS
 チームでガチ殴り合いするゲーム。
 持ち主さんも言われていたように、どのミニチュアがどのキャラなのかがわかりにくい(視認性の悪さ)のが気になりましたねえ。

◆スターシップ サムライ
 タイトルとミニチュアのデザインからどんなバカゲーかと思いきや、中身は真っ当なエリア支配ゲーム。
 サムライたちの特殊能力がどれも強烈で選択が悩ましいですな。

◆スマートフォン株式会社
 個人的には今回プレイした作品で一番のお気に入り。
 技術開発や販売ルートの開拓を進め、世界中で自社のシェアを増やしていくところが楽しいです!
posted by 業 at 15:12| Comment(0) | ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月13日

宮崎ボードゲーム会(2018/11/11)

 今回プレイできたゲーム↓
◆Dungeon Saga
◆ORBIS
◆Cat Shit One
◆ミープルサーカス
◆JUMP DRIVE

 『Dungeon Saga』は個人的にも気になっていた、豊富なミニチュアが魅力のダンジョン探索ゲーム。
 今回、拡張のキャラ作成ルールからランダムダンジョンでの冒険まで遊ばせてもらいましたが、作成もほどよく悩ましく、探索はサクサク進む楽しい作品です。
 成長ルールもあるのでキャンペーンで育てたいですねえ。
posted by 業 at 20:44| Comment(0) | ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする