2017年07月03日

DIABLO3 Rise of the Necromancer が実装!

 系統がかぶってるウィッチドクターのせいで諦めていたネクロマンサーが実装されたということで、またDIABLO3を再開することに。
 しかし、PS3はすでにサポートがなされていませんので、このためだけにPS4を購入しました。

 早速プレイしてみたのですが、召喚に死体が不要で継続戦闘能力が向上、スケルトンが強くなっていて嬉しい限りです。
 もちろん、死体爆破など死体を使うスキルはしっかりありますので、ネクロ好きな皆さんご安心ください。

 ともあれ、これで主要能力が知力のクラスが3つになったので、敏捷系でアサシン、筋力系でドルイドの追加もあるのでは?w
posted by 業 at 21:49| Comment(0) | DIABLO3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月01日

宮崎ボードゲーム会(6/25)プレイ日記

◆クランク
 デック構築型探索ゲーム。
 物音を立てるとドラゴンの注意を引いてダメージにつながる、という仕組みが面白いです。
 今回はトップで帰還を果たしたものの、あまり得点を稼げずに勝利を逃してしまいました。

◆センチュリー:スパイスロード
 カードをプレイして香辛料を交換、客の需要に合わせて出荷し得点するだけのシンプルな内容ですが、悩ましくて面白い作品です。

◆アーカムホラー・カードゲーム
 珍しい協力型のデック構築ゲーム。
 ルールを読んだ時点で「トークンを引いて判定」するのが気に入らずいまいちやる気がでなかったのですが、プレイしてみると面白かったのでようやくデックを組む気になれましたよw

◆ダイスフォージ
 ダイスの面を入れ替えて強化するというギミックが強烈なインパクトを与えてくれるゲームw
 一方でゲーム内容そのものはいたって普通の作品だなあと思っていたのですが、実際にプレイしてみると意外に楽しかったですね。
posted by 業 at 15:56| Comment(0) | ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月24日

DARK SOULS TRPG GM日記

 先日無事にプレイできました!

 PCは騎士、傭兵、呪術師の3名で、シナリオ1および2に挑戦。
 シナリオ1は危なげなくクリアしたものの、シナリオ2では序盤にホストPCが雑魚戦で無茶をして死亡(=全滅w)、さらにボス戦でホストPCさんが(またw)死亡したところで頃合いだったため、今回はここまでとなりました。

 実際にプレイしてみて、やはり攻撃と防御の配分を考える必要がある戦闘は面白いですね。しかし、それ以外の部分はシンプルに作られているため、決して難しくはなくプレイしやすいです。

 あと、GMとしても悪意ルールがS心を刺激してくれて楽しいですなw
 やはりこの手の制限があるほうがプレイが締まります。

 久しぶりにキャラビルドが面白い国産TRPGが出てくれて喜ばしい限りで、ルールにキャンペーンでも単発でも遊べるシナリオ4本がついて1,500円ほどというのはかなりコスパが良いですね〜。
 気が早いかもしれませんが、拡張と追加シナリオの登場が今から楽しみです。

 ともあれ、ひとまず次回はシナリオ2のリベンジをしてもらう予定(*´ω`*)
posted by 業 at 22:55| Comment(0) | TRPG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月13日

宮崎ボードゲーム会(6/11)プレイ日記

◆エルドラド
 デック構築型レースゲーム。
 いちおうエルドラドを目指す探検家らしいのですが、テーマらしさはまるで感じませんw
 しかし、コースの地形に適していると思われるカードを組み込んでいくのがシンプルに面白いです。

◆ワトソン&ホームズ
 推理ゲーム。
 この手の作品でよくあるパズルゲームかと思えば、本当にミステリー小説のような文章を読んでメモをとりながら推理していくという内容で驚きました。
 中盤くらいまでまったく犯人を絞れず焦りまくりながらプレイしていたのですが、それもまた楽しかったっす(*´▽`*)
 今回はシナリオ1を遊ばせてもらいましたけど、回答のうち侵入計画に反して「盗難品を持ち出した方法」が雑すぎて納得いかないですなw

◆グレート・ウェスタン・トレイル
 デック構築やらロンデルやらいろいろ混ぜ合わせてまとめ上げた快作。
 持ち主さんもインストが難しいと言われていたように、たしかにやれることが多いので最初はどこから手を付けていいのかわかりませんでしたが、実際に始めてみるとすっきりしていてプレイしやすく、なのにあれもこれもしたいと悩ましくて面白いゲームです。

◆ローマの執政官
 地味なコンポーネントに地味なルールながら、執政官と市民の立場によって異なってくるアクション選択の駆け引きとジレンマがたまらない作品です。
posted by 業 at 22:18| Comment(0) | ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月04日

DARK SOULS TRPG ルール読了。

 『六門世界』や『ダークブレイズ』などTRPGの「ゲーム」部分を重視した作風が特徴の加藤ヒロノリ・デザイナーが久しぶりにTRPGに携わるということで楽しみにしていたのですが、ルールをひととおり読んだ時点で期待を裏切らない面白そうな作品です。

 まずは、通常の行為判定と戦闘のルールがまったく異なるのがいいですね!
 私は、ゲームはテーマとシチュエーションに応じたルールを採用すべきだと考えているので、戦闘は原作のアクション性を再現するための独自ルールになっている本作はかなり興味深いです。

 またマスター側にも「悪意」というルールが用意されていて、従来のTRPGのようにシナリオを用意してNPCを動かすだけのコンピュータ役というだけでなく、ゲーム的にセッションに参加できる仕組みは大変珍しくて今からプレイが楽しみです。

 アクションゲームが苦手なので原作はプレイしたことがないのですが、そんな私でも面白そうだと思える作品で、久しぶりに実際のプレイで感触を確かめたいと思える国産TRPGが登場してくれましたねえ(*´▽`*)
posted by 業 at 23:44| Comment(0) | TRPG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする